忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
我が家の長男(しまリス「漱石」)と次男(コーギー「ナツ」)の様子です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「セカンドオピニオン」直訳すると第2の意見。
そう、「主治医以外の医師の意見」を聞くこと。
人間社会でも日本ではまだそんなにメジャーではない。

急を要するわけではないけど何かあった時のためにと今回見つけたのが
久山獣医科病院
http://www.kuyama-vet.com/

この病院をセカンドオピニオンにと決めた理由は、
1)うちからチャリで15分ほどで行ける。
これ1番重要。13キロ超のナツを車もない中連れて行くには近場でないと。

2)一般診療から高度な手術までできる。
人間と違って、内科・外科などわかれているわけではないので全てにおいて安心して任せられるというのがポイント。

3)副院長を始め、スタッフ全員で1つのチーム。
一人で判断せず、全員でディスカッションして診療してくれる。
人間同様犬も病気は見つけづらく、また診断結果を誤りやすい。
大きな病気の時も一人でなくたくさんの人の経験を活かして判断してもらえる。

4)徹底的なインフォームドコンセント(正しい情報を得た上での合意)
どれだけ時間がかかっても納得行くまでわかりやすく説明してくれる。
私は自分が健康体であるためか医療に関して無知。
そんな私にもわかるように説明してくれる。



最近見つけ機会があれば行こうと思っていた矢先、
1週間ほど前からナツが変な咳をしているので診てもらった。
診断結果は「おそらく気管支炎」だということ。

診断内容、この結果を出した理由、お薬の内容と考えられる全ての副作用の可能性、お薬を飲んだ結果良くならなかった場合の今後の処置方法など細かくそして丁寧に約2時間かけて説明してくれた。


まずナツのこと、私への説明だけに副院長自ら2時間も割いてくれたことに感謝感激。
そして知らなかったこと、普段疑問に思っていたことなどいっぱい聞けた。

そのうちの1つ。「犬用のお薬ってほとんどが人間と同じもの」らしい。
驚いた!もちろん量は違うけど同じものを使っているので副作用も起こる可能性があるらしい。
日本では犬用(動物用)の認可が降りず、ほぼ9割がた人間用を使用しているんだとか。
使い方(服用の仕方)を間違えると命取り。

こういうの言う義務はなくても教えてもらわないとわからない。
それを言ってもらえるのがありがたい。
セカンドオピニオンがファーストオピニオンになりそう(笑)
もう1つ病院探すか・・・。

あ、そうそう。副院長さんからダイエット命令あり(笑)
昨日から2キロのダイエット中です~。
ふっふっふ。おやつ減らすわよぉ~。


コーギーの特徴「もも尻」
PR
≪  56  55  54  53  51  50  49  48  47  46  45  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  56  55  54  53  51  50  49  48  47  46  45  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
(09/23)
(09/22)
(09/22)
(09/22)
(09/22)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あお
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]